nicolabo(ニコラボ)とは?

児童発達支援・放課後等デイサービス事業所です。障がいをもつお子様に対し、
放課後や長期休暇等を活用して日常生活や社会生活をスムーズに送るための支援活動を行っております。

お子様の居場所として愛情あふれる「ご家庭」に、集団行動を学ぶ「学校」そして「nicolabo」。
お子様のサードプレイス(心地の良い第三の居場所)でありたい。それが私たちの想いです。

定期的に更新しております!



施設の3つの特徴

nature_people

01

関西初!充実した環境設備

local_hospital

02

医療ケアを必要とする児童の受け入れ

people

03

キッズヨガ療育の導入

特徴01 関西初!充実した環境設備

国立大学法人千葉大学建築学部や各企業様の協力のもと、お子様が安心して来られる環境設備を整えました。関西の事業所では初となる取り組みをnicolaboでは行っております。

反響軽減パネルを使用

音に敏感なお子様は、ちょっとした話し声や外からの音に対し、
ストレスを感じやすいです。

nicolaboは天井や壁には音の反響を
軽減するパネルを使用しており、
音に敏感なお子様に配慮した設計になっています。
(東京ブラインド株式会社様のご協力)

自動照度調整照明の導入

屋内にいると、1日中同じ明るさ、
同じ色味の照明のもとでお子様は過ごして、
体内時計のリズムを崩しがちです。

nicolaboでは、昼間は明るく、
夕方は少し明るさを抑える等、
自動で時間帯に応じ照度を変更する照明を導入しています。

これにより、屋内と屋外の明るさのギャップを軽減でき、
体内時計のリズムを崩しにくくします。
(パナソニック様のご協力)

特徴02 医療ケアを必要とする児童の受け入れ

nicolaboでは、看護職員を配置し、
呼吸器や、痰吸引、胃ろう等、
様々な医療的ケアを必要とするお子様が安心して通い、
保護者様のレスパイトができるようご支援いたします。
(※現在、支援体制を整える為、医療ケアが必要なお子様の受け入れをストップさせていただいております。)

特徴03 キッズヨガ療育の導入

キッズヨガは、ヨガのポーズを通じて、楽しみながら、
柔軟性と体力、身体機能の向上、集中力の向上やリラックス効果、
コミュニケーション能力の向上が期待できます。

nicolaboでは、
キッズヨガのインストラクター資格を持つスタッフが在籍しており、
療育プログラムとしてキッズヨガを取り入れています。

nicolaboのご案内

施設案内

search詳しく見る

ご利用の流れ

search詳しく見る